Search
Search Menu

いすゞ117クーペ

合宿免許で免許取得してあなたはどのようなクルマに乗りたいと思っているのでしょうか。運転免許取得すれば、最近のクルマに乗るというのもOK、ちょっとレトロ感漂うクルマに乗るというのもいいのではないでしょうか。

いすゞ117クーペがいいという人たちもいらっしゃることでしょう。

いすゞ117クーペとは

いすゞ117クーペは、1968年、いすゞ自動車から登場しました。当時、カッコウいいクルマだと思っていた人たちも多くいらっしゃることでしょう。

このクルマは、ちょっと日本離れしているというイメージがあります。

いすゞ117クーペは、イタリアのジョルジェット・ジウジアーロ氏が手掛けた美しいボディデザインなのです。

1966年3月には、ジュネーブショーで、いすゞ自動車は美しいデザインのプロトタイプカーを発表されることになります。

このクルマは、イタリアの国際エレガンスコンクールで名誉大賞を受賞することになります。

サイドラインは一見普通のコークボトルみたいなラインを描きテールへと向かって、ルーフ部分は室内空間を広く取られ、大人4人が居住性をキープ出来るようにと作られているものの、美しい曲線を描き、クーペとしてのデザインもしっかり確保されています。

ハンドメイド前期型117クーペ誕生

1968年10月には、117スポーツのデザインを継承した市販モデル、117クーペが販売されることになります。

ボディ部分の仕上げはもちろん、トリム装着と言った細かい作業は手作業で行なわれる、現在では考えられない職人気質が繁栄しているクルマだと多くの人たちに評価されることになります。

大量生産に向けて中期型誕生

かつて、いすゞ117クーペは、コストをことごとく除外し、仕上げ部分をハンドメイドにより製作されていますが、日本も省エネルギー問題あり、排気ガス抑制の時代へと突入して、それぞれメーカーも時代にマッチングしているクルマの製造を迫られることになります。

いすゞ117クーペも例外ではなく、1973年にマイナーチェンジを施し、いわゆる中期型が誕生することになります。

もちろん、いすゞ117クーペとしてデザイン性は継承され、いすゞ117クーペとしての雰囲気は、そのまま現存しています。

しかし、ハンドメイド、手作業工程は全廃されてしまい、ボディ仕上げもプレス加工の型枠によるものに一変しました……。

そして、後期型スターシリーズが誕生することになります。

排気量をアップした2リッター新型エンジンを搭載した117クーペ後期型スターシリーズです。