Search
Search Menu

運転免許を取る方法と実用性を知ろう

運転免許は扱う車両によって種類が違う

運転免許は一般的には普通自動車の運転に必要な普通免許を指します。自動車学校などの施設で教習を受け、試験に合格することで付与される許可証が運転免許証です。道路を走行することを許可することを示す証明書であり、公的な身分証明書としても扱われることから自動車を運転する機会が無い人であっても持っていて損はありません。普通免許を持っていれば普通自動車の他に、原動機付自転車とコンバインのような小型特殊車両の運転が可能になります。通勤や営業回りなど仕事に自動車を使う人には必須の免許であることから、普通免許は日本で最も取得率が高い自動車免許になっています。

自動車免許は運転する車両によって種類が異なります。トラックやバスなどの大型自動車の運転には専用の大型免許取得が必要です。また、大型免許は普通免許の所持者でなければ取得出来ない決まりになっています。そのため、配送の仕事に就きたい人は注意が必要です。バイクの運転については普通自動二輪の免許を取る必要があります。普通免許で運転出来るバイクは排気量50cc以下の物に限られますが、普通自動二輪免許であれば400cc以下まで範囲が拡大するので便利です。また、バイクの操作は四輪の自動車とは大きく異なるので、安全運転を学ぶ意味でも免許取得は必須と言えます。ブルドーザーやクレーン車などの特殊車両を運転する場合にも専用の大型特殊免許の取得が不可欠です。大型特殊免許は普通免許を持っていれば一部の教習を省略出来るメリットがあります。その一方で技能講習は他の運転免許と比べて難しいのが特徴です。

初めての免許取得は普通免許が良い理由

初めて運転免許を取る場合は普通自動車用の普通免許が良いとされています。普通自動車が広く普及していること、運転操作が比較的容易なこと、そして大型免許の取得条件の一つであることが理由です。バイクの運転に必要な普通自動二輪免許も運転操作の難しさはほぼ同じですが、車両の汎用性は自動車より低い欠点があります。自動車はドライブの他に仕事や買い物など様々な用途に役立つ利便性の高さが魅力なので、最初の運転免許取得は普通免許が無難な選択です。普通免許の取得に必要な費用は約30万円とされていますが、これはマニュアル車を運転出来るMT免許を講習や試験をすべて一度で合格した際の金額です。AT限定を選択する、合宿免許に参加するなどの工夫で費用を安く抑えることが出来ますが、AT限定の免許はマニュアル車の運転が出来ないので注意します。

運転免許は現代社会の暮らしに不可欠

自動車の運転に必要な運転免許は身分証明書としての側面もあります。また、運転免許を持っていれば交通ルールを理解している人と認識されるので、社会的なステータスアイテムとしても不可欠です。